かばん修理 の K's factory  ~修理例とお客様のお声~

全国から鞄・バッグ・財布・キーケース・手帳その他革製品等の修理を受け付けているオンラインショップの修理屋さんです。 自分で修理出来ないものはプロの職人にお任せください! お問い合わせ・お見積りは無料です。

ルイ・ヴィトン ヴァヴァンGMの修理;「内側の布生地のパイピングお直し」   ・・・K's factory



f:id:ks1234:20190120092128j:plainf:id:ks1234:20190423212133j:plainf:id:ks1234:20190306154633j:plain
 
カバンの外側のパイピングが傷んだものの修理例はこれまで沢山ご紹介してきましたが,ヴィトンのヴァヴァンは非常に個性的なデザインになっており,内側にパイピングが付いています。当然鞄の中に物を出し入れするわけですから,そのパイピングも擦り切れて傷んできますよね。
 
千葉県にお住いのYI様から送られてきた写真はこちらです。

f:id:ks1234:20190120092128j:plain

 

パイピングの内側はメインの物を入れるところで,パイピングの周囲と言いますか,外側は鞄本体との間でポケットになっています。

パイピングの部分がごっそりと取り外せるのであれば話は早いのですが,鞄本体の内袋に縫い付けられておりますのでそういう訳にはいかず,この場合は鞄の一番上の部分,口の部分の縫い目を全部ほどいて,内袋全体を取り外します。

その後,傷んだパイピング部分のヌメ革を取り除いて,新しい革を縫い付け,そして鞄本体に戻します。

 

出来上がりはこんな感じです。

f:id:ks1234:20190306154647j:plain 

f:id:ks1234:20190306154633j:plain

これで,劣化したパイピングの革がぽろぽろと剥がれ落ちて,鞄の中がゴミだらけになってしまう事はありませんね。
もちろんご希望であれば,パイピング同様他の部分のヌメ革も同じように取り換えれば,全体が新品の様に仕上がります。
 
お礼のメールと共に更なるお問い合わせを頂きました。
「お世話になっております。千葉県在住の〇〇〇〇〇です。

ルイヴィトンのヴァヴァンの修理でお世話になりました。ご連絡が遅くなりましたが、仕上がりに大変満足しております。ありがとうございました。

今回はもうひとつのナイルのファスナーの修理と、ベルト部分の抑えの輪っか?ベルト通し?がなくなってしまったので、作成出来たらお願いしたいです。ファスナーは片側が取れている状態になります。再見積もりのほど、よろしくお願いいたします。」
 
という事で、次の件については又いつかご紹介できるかと思います。