かばん修理 の K's factory  ~修理例とお客様のお声~

全国から鞄・バッグ・財布・キーケース・手帳その他革製品等の修理を受け付けているオンラインショップの修理屋さんです。 自分で修理出来ないものはプロの職人にお任せください! お問い合わせ・お見積りは無料です。

IL BISONTE イルビソンテの財布の修理;オリジナルの糸を再利用して新品仕上げ!!・・・K's factory



f:id:ks1234:20190329112337j:plainf:id:ks1234:20200726190300j:plainf:id:ks1234:20190329120935j:plain
 
※オリジナルの糸をそのまま使って新品仕上げ!
当店には輸入業者様からも販売前の手直しのご依頼を沢山受け付けております。
今回はそんな中からイルビソンテの財布のスナップボタンの修理についてご紹介いたします。
と言っても普通のスナップボタンの交換修理ではありませんよ!そこまでするか?!という当店の修理をご紹介いたします。
まずは修理する財布はこちらです。

f:id:ks1234:20190329112337j:plain

閉じた時に見える表面のスナップボタン(凹側)が無くなっています。というか付いていません。

f:id:ks1234:20190329112426j:plain

本体側(凸側)はこのとおり付いていますが,スナップボタンは同じようなサイズでもメーカーによって微妙にサイズが違うので,外れているフタ側の金具のみ取り付けても閉じる事が出来ません。それでこの場合は本体側(凸側)も取り外して交換する事になります。

f:id:ks1234:20190329114318j:plain

その為には,上の写真の通り縫い目をほどいて張り合わせてある革をめくり,内部の見えないところで金具を取り付ける必要があります。その際,普通の修理屋さんは糸を切り取ってしまい,似た色の糸で縫い付けてしまいます。

もちろん,当店でも似た色の糸を使って縫いますが,やはりよぉ~く見ると,ブランドオリジナルの糸の色とはびみょぉ~に違うものです。何も言われなければ誰にも気づかれないくらいの違いではありますが…

f:id:ks1234:20190329114336j:plain

それで当店では,特にこのような新品の場合は,糸でさえも出来るだけオリジナルの物を再利用して修理をします。上の写真のように,表面の糸は切らずに,裏面の糸のみ切り取ります。

そして新しいスナップボタンを取り付けた後は…

 

f:id:ks1234:20190329115417j:plain

この通り,裏側の糸のみ同じ色の別の糸を使い,残しておいた表面のブランドオリジナルの糸をそのまま再利用して元通り縫い直します。これはさすがにミシンでは出来ませんので,一つ一つ手作業で縫い付けていきます。

f:id:ks1234:20190329120554j:plain

するとこの通り,表面から見ると当然糸のつなぎ目は無く,全くのオリジナル,新品仕上げです。

f:id:ks1234:20190329120916j:plain

そしてフタ側(凹側)の金具を取り付けます。

f:id:ks1234:20190329120935j:plain

これが閉じた状態です。

 

ご依頼頂いた業者様からご連絡頂きました。

「お世話になります。

お修理頂いたお品をすべて確認致しました。

元々の金具と同じテイストのカラーでしっくりなじんでおり、より丈夫になりました。

ありがとうございました。

また何か出ましたら、ご連絡させて頂きます。

取り急ぎ、ご報告でした。

宜しくお願い致します。」

 

皆さんのご利用をお待ちしております。