かばん修理 の K's factory  ~修理例とお客様のお声~

全国から鞄・バッグ・財布・キーケース・手帳その他革製品等の修理を受け付けているオンラインショップの修理屋さんです。 自分で修理出来ないものはプロの職人にお任せください! お問い合わせ・お見積りは無料です。

ルイ・ヴィトンの修理;ファスナー交換・ショルダーストラップ付け根の革・内張り交換   ・・・K's factory


ホーム  無料お見積り  ご利用方法

まずはビフォー・アフターの写真を続けて3つ,ご覧ください。

最初はファスナーの生地が裂けて穴が開いたもの…

f:id:ks1234:20171204122700j:plainf:id:ks1234:20200726190300j:plainf:id:ks1234:20180119152505j:plain

次はショルダーストラップの付け根の革が切れた物…

f:id:ks1234:20180211142658j:plainf:id:ks1234:20200726190300j:plainf:id:ks1234:20180119152335j:plain

次に,内袋がベタベタしてきたもの…

f:id:ks1234:20171204123130j:plainf:id:ks1234:20200726190300j:plainf:id:ks1234:20180119152141j:plain 

ルイ・ヴィトンのバッグの修理はK's factoryの最も得意としている修理の一つです。

例えばショルダーストラップの根元が切れた場合,革を交換すると通常はカシメ金具(小さな丸い金具)も一般的なツルっとした物に変わってしまいます。でも当店ではオリジナルのヴィトンの刻印が入ったカシメ金具を残して修理出来ます!

鞄の内側がベトベトして剥がれてきてしまったなら,同じように傷まない素材のもので奇麗に張り替えられます!

ファスナーのテープが裂けてしまいましたか? では,同じ色のファスナーに交換しましょう。もちろん,ブランド刻印の入ったスライダーのつまみは再利用します!

 

そんなルイ・ヴィトンのバッグ3点の修理のご依頼を頂きました。

一つはナイルのファスナーです。添付して下さった画像はこちらです。

f:id:ks1234:20171204122700j:plain

 

もう一点はダヌーヴのショルダーストラップの付け根の革が劣化して切れた物…

f:id:ks1234:20180211142658j:plain

最後はバケットの内張りの修理です。

f:id:ks1234:20171204123130j:plain

 

今回は修理後の写真を撮りましたのでご覧頂く事が出来ます!

まずはナイルのファスナーの修理です。

f:id:ks1234:20180119152505j:plain

元のファスナーを丁寧に取り外し,同じ色のファスナーで交換します。

元々の糸が通っていた穴に一つ一つミシンの針を落として,全く同じに仕上げます。

 

そしてダヌーヴのショルダーストラップ付け根の革の交換修理。

f:id:ks1234:20180119152335j:plain

こちらも,元々の革を出来るだけ形を崩さないように取り外して,似た色のヌメ革をオリジナルと全く同じ形に切り出して作ります。

カシメ金具(小さな丸い金具)もしっかり再利用出来ました。

 

そして最後がバケットの内張り交換修理です。

f:id:ks1234:20180119152141j:plain

このバッグの元々の内張りは非常に柔らかく,少しでも引っ張るとすぐに伸びてしまいますので,力を加えない様に取り外します。

そして内張りを分解した後,似た色の合成皮革を同じ形に切り,縫い付けて同じように内張りを作り直しました。

元々の内張りのように直ぐにベトベトして来ないタイプの物を使用します。

 

ルイ・ヴィトンの修理は是非K's factoryにお任せください!